FC2ブログ
GAL GAME CAPTURE BLOG
2005年10月03日 (月) | 編集 |



群青の空を越えて
本格未来架空航空戦記ADV
2005年9月30日発売
light
製品紹介ページ



【Short Cut】
若菜 加奈子 美樹
夕紀 圭子
GRAND ROUTE
―▼―



【攻略について】



水木 若菜
第一章
「ああ、いいんじゃないか?」
慌てて、俺も頭を下げ返す。
確かに、英雄として有名だったけどな。
「だが、あの女はサドだ」
「……ったく、勝手に決めやがって」
確かに、美人は美人だよな
……んな事したら、絶対起こる
第二章
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
「いや、俺、駄目だったから」
おもわず、ニーナの衣装に目が引きつけられる
若菜 END

Page Top▲

日下部 加奈子
第一章
「いや、そうだな……」
俺も笑って答えながら、おもわずその頭をなでた。
【セーブ1】
確かに、英雄として有名だったけどな。
「だが、あの女はサドだ」
「俺が言ったって無理だよ」
「……いいよ、トシに話通すのと一緒に、俺が誘っとくよ」
確かに、美人は美人だよな
女の子、といえば女の子だけど……
第二章
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
「……少しだけなら」
もっとも、加奈子ちゃんだけは少し日焼けしていた
加奈子 END

Page Top▲

渋沢 美樹
【セーブ1】から
もっとも、トシが緊張する理由も分かる
「……それで美人だから、よけい困るんだよな」
「俺が言ったって無理だよ」
「たぶん、会えるんじゃないかな」
【セーブ2】
確かに、美人は美人だよな
あの人を、女の子扱いなんてできないしな……
第二章
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、その温かい感触におもわず涙しそうになった。
やっぱり、フィー教官を誘ってみればよかったかもしれない
美樹 END

Page Top▲

澤村 夕紀
【セーブ2】から
この容姿だけ見れば、誰も悪役には思わないよな。
女の子、といえば女の子だけど……
第二章
なかなか、やるよな、この人。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
おもわず、ニーナの衣装に目が引きつけられる
第三章
【セーブ3】
「じゃ、一緒に文化祭回りませんか?」
「……もし何か合って見つかったら、その時は俺だって庇い切れませんよ?」
「……疲れてるんだよ。今日はもう、休んだほうがいい」
俺は、とっさにソファーの陰に、彼女を押し込んだ。
夕紀 END

Page Top▲

長田 圭子
【セーブ3】から
「有り難く、今後の参考にさせていただきます」
「……もし何か合って見つかったら、その時は俺だって庇い切れませんよ?」
「……勿論、俺の肩なんかでよければ」
俺は、とっさに彼女を抱きしめた。
圭子 END

Page Top▲

GRAND ROUTE
上記5人のEND後 ゲームを開始する から
END

Page Top▲






キャラクター 声優
萩野 社 小池 竹蔵
水木 若菜 榊原 ゆい
渋沢 美樹 上坂 莉緒
日下部 加奈子 安玖深 音
澤村 夕紀 安倍 有紀
水木 俊治 中里 真咲
長田 圭子 草柳 順子
一条 貴子 松田 美奈
久我 聡美 本山 美奈
藤川 達也 平井 達矢
鈴木 隆史 富士 爆発
大賀 忠則 秋山 樹
香坂 恵実 伊藤 瞳子
金村 慎也 ヘルシー太郎
岸田 徳治 山中 壮一
吉原 大嗣 滑川 菊太郎
藤谷 耕一郎 桐生 大地
萩野 真優 松田 美奈
紗那 榊原 ゆい
萩野 憲二 小池 竹蔵
管制官 五反田 正人
安玖深 音
富士 爆発
パンサー 富士 爆発
パイロット 秋山 樹
伊藤 瞳子
ヘルシー太郎
予備生徒 五反田 正人
ヘルシー太郎
草柳 順子
本山 美奈
整備兵 滑川 菊太郎
士官 平井 達矢
兵士 秋山 樹
憲兵 富士 爆発
秋山 樹
教官 ヘルシー太郎
桐生 大地
教師 ヘルシー太郎
職員 松田 美奈
アナウンス 伊藤 瞳子
アナウンサー 山川 亜弥
スピーカーの声 本山 美奈
秋山 樹
裁判官 平井 達矢
軍事評論家 富士 爆発



主題歌
「アララト」
作詞・作曲/樋口 秀樹
歌/WHITE-LIPS


ED曲
「 tell me a nursery tale 」
作詞・作曲/樋口 秀樹
歌/WHITE-LIPS



Page Top▲








スポンサーサイト